IBDと音楽療法

IBD音楽療法

 

胃腸障害に対する処方

ブラームス『ピアノ・トリオ ハ長調

バルトーク『ヴァイオリン・ソナタ

バッハ『2つのヴァイオリンのための協奏曲二短調』

ベートーベン『ソナタ イ短調

プロコフィエフ組曲夏の日』

ラヴェル『ワルツ』

サティ『梨の形をした3つの小品』

 

活力が湧かない時に処方

グリーグペールギュント「朝」』

ラヴェルソナチネ

スメタナ交響詩モルダウ」』

ショパン『雨だれ』

リスト『愛の夢

 

心的ストレス緩和に処方

グルッグ『精霊の踊り』

ラフマニノフ『ヴォーカリーゼ』

マスネー『タイスの瞑想曲』

バッハ『G線上のアリア』

グリーグ『ソルヴェイグの歌』

 

不安感強く神経質傾向の人へ処方

バルトシュ『「町人貴族」組曲

ベルク『叙情組曲

ビゼー『幼児の遊び』

ブリス『ゴーバル家の奇蹟』

ボッケリーニ『イ短調交響曲

ボロディン『第二交響曲

シャブリエポーランド・ダンス』

ドリーブ『シルビア』

デュカ『魔法使いの弟子

カーシュイン『キューバ序曲』

 

うつっぽい人へ処方

リスト『ハンガリー狂詩曲第二番』

ミロー『謝肉祭』

モーツァルト『劇場支配人』

オッフェンバッハ『トロイのヘレン』

プロコフィエフ『シシリア組曲

ブッチーニ『妖精の女王』

レスピーギ『ローマの祭り』

リムスキー=コルサコフ『シエラザード』

ロジャーズ『オクラホマ

ロッシーニウィリアム・テル序曲』

シベリウスフィンランディア

スメタナワレンシュタインの陣営』

J・シュトラウス『古きウィーンの音楽』
スッペ『詩人と農夫序曲』

ワーグナー『パルシファル』前奏曲

 

引用文献:不明。。分かり次第掲載します。

 

 

 

 

広告を非表示にする