チャラ男Project~EpisodeⅣ~

IBDで人生が詰んだ時に読んで下さい。残念ながら助けることも救うこともできませんが、自分の人生を取り戻したいと強く願う人のために生きる知恵を置いておきました♪

潰瘍性大腸炎の勇士『安倍晋三』

IOC総会で見せた彼のスピーチ姿に私達の生き方をみる』

 

アベノミクスによる日本経済の躍進、オリンピック招致の成功。今、日本各地でかつて無いほどの盛り上がりを見せている。そう、その立役者こそ我らの同志『安倍晋三』である。彼は17歳の時に潰瘍性大腸炎と診断される。前回の辞職まで公表せずに政治活動を続けてきた。それまで、私は彼のことがあまり好きではなかった。発言が弱々しく、説得力に欠け日本のリーダーとしての求心力が感じられなかった。しかし、今回IOC総会という国際舞台にして、彼のリーダーとしての責任感、外交力の高さを感じさせられた。

 

 

 

安倍晋三総理大臣のプレゼンテーション IOC総会(13/09/08) - YouTube

 

堂々たる英語スピーチに驚かれる方々も多いだろう。東京オリンピック開催の決め手となったのが安倍総理のスピーチである見解が強い。日本メディアをはじめ海外の主要メディアも安倍総理のスピーチを高く評価している。国際舞台にして、彼のような物怖じしない胆力、力強い言動、感情のこもったスピーチを今までの総理大臣達から聞いたことがあるだろうか?以下の記事によれば、安倍首相の演説が海外でも絶賛されているのがわかる。

 

【東京五輪決定】「安倍首相演説が決め手」ロイター通信が絶賛 - MSN産経ニュース

 

私達の病気は非常にコントロールが難しい。原因の有無に限らず体調が悪くなり、頑張りたい時に頑張れない。そんな、もどかしい想いをしてきた人も多いはず。安倍首相もそんな想いをしてきた一人だ。だけど、彼は腐らなかった。だから、今素晴らしい活躍ができる。そんな姿に、大丈夫だ。次がまだある。頑張れと背中を押される気がする。安倍首相に勇気をもらい、私もまた人の役に立てれるように腐らず頑張っていきたい。 

 

 

広告を非表示にする