潰瘍性大腸炎のストレスを軽減させ、幸福度を向上させる方法〜その四〜

断食により免疫力を上げ潰瘍性大腸炎と闘え!

まず、食事は潰瘍性大腸炎に対して非常に強い物理的なストレスとなる。

私は一日を断食して過ごすことがある。

現代の日本人は常に飽和状態であり、胃腸は休む暇無く動き続けているのだ。

特に大腸は30時間の滞在時間があり、

胃が4時間、小腸が10時間弱と比較して長いことが伺える。

つまり、炎症が起きている部分に便が365日24時間へばりついている。

そのため、自己修正などできず、常に炎症部分を刺激し続けているのである。

f:id:yuukarigaoka:20080314160653j:plain

 *断食で有名なガンジー。彼は断食により身体を最大限まで覚醒させている。

 

 

潰瘍性大腸炎と免疫力とストレス

潰瘍性大腸炎と免疫は切っても切れない関係である。

なぜか?

潰瘍性大腸炎は元々、自己免疫疾患とよばれる免疫の異常だ。

免疫が狂う原因はひと様々であり、

人間関係や社会的ストレス、肉体的ストレス、環境的なストレスなど

により正しい免疫系が破綻するためである。

また、ストレス耐性が低い人がなりやすい。

以前の安倍総理を思い浮かべればわかると思う。

 

そう、必ず自分が発症した原因は思い当たる節があるはず。

ストレスは正常な免疫(特にTリンパや細胞)を狂わせ、

B細胞により免疫を補う必要性をせまる。

 

そのB細胞による免疫が優位になると

潰瘍性大腸炎が発症する仕組みになっているのだ。

*あくまで簡易的に言うと。

 

断食で免疫力をあげ潰瘍性大腸炎の炎症を抑える!

断食の効果を以下に上げていく

  1. 免疫力があがる(特にT細胞・リンパ由来)
  2. 宿便がなくなり毒素が抜ける
  3. 肝臓の機能が高まり解毒作用が高まる
  4. 肌が綺麗になる(特にニキビなど)
  5. 集中力が向上し生産性が増す
  6. 大腸がんのリスクが軽減する
  7. 腸内細菌が善玉菌優位になる
  8. ケトン体が生成されリラックスしやすい体になる
  9. アルツハイマーの防止になる
  10. コレステロールが減り脳卒中や心臓病のリスクが軽減
  11. 感性が研ぎすまされる
  12. 食事のありがたさに改めて気付く

と挙げればキリが無い。しかし、実践する際は自己責任でお願いします。

ただ、一日ならほぼ問題ないと言える。

自分の体が浄化され、動きやすくなるのを実感する。

また、物事へのハングリー精神も養われる。

なので、一度やると快感を覚えます。。。

 

 

広告を非表示にする