大腸弱い人、アレルギーの人、貧血のある人、そしてがんになりたくない人は牛乳を捨てて下さい。

牛乳は安全で良いものはGHQによる策略が原因

私達は戦後を機に小学生になると給食の飲み物

として牛乳が出され、大半の日本人が牛乳を

体に良いものとして、飲まれてきたと思います。

背景にはGHQの要望で広告、新聞、行政に消費促進

をさせ保健所などにより(栄養士になる条件は乳製品の企業者のみであった)

栄養指導、育児指導と称し牛乳を飲ませることに成功している。

そのため、日常でもコーヒーに入れたり、料理に使ったりと、

使用場面は幅広いかと思います。

 

 

f:id:yuukarigaoka:20131011193046j:plain

そろそろ洗脳の恐ろしさに気付こう。。。

時代を戦後に戻すと、日本という国は戦時中で

どこの国よりも勇敢に闘った歴史がある。

そして、小さい島国でありながら

アメリカという大国を最も脅かした存在であった。

 

アメリカは日本人の隠された能力に恐れをなしていた。

なんとかして日本を弱らせよう。。。

そして、戦後GHQの占領下のもと教育体制や法律体制、経済体制など

多くの日本の制度を変え潜在能力を落とすように仕組んできた。

 

例えば、日本の教育では生徒が自国のアイデンティティーを持てないように

洗脳させ、自国への愛国心をなくすことで集団させるのを防いでいる。

洗脳というとピンとこないかもしれませんが、

今の中国人や韓国人などは言論の自由が無く

明らかに政府に洗脳されてますよね。

 

しかし、私達、日本人も戦時中は政府に洗脳されていました。

 

当時の人は全く疑いもせず、

国のため、家族のため、将来のわたしたちのために。。。

 

高貴であり、清き心をもつ罪なき人々が

政府に洗脳され、違う国に住む人間を憎み支配していったのです。

 

そして、今、私達は知らない間に

いろいろな洗脳にかけられているのだろう。

情報を鵜呑みにしないよう

情報リテラシーを高めていきたい。

 

 

 牛乳がもたらす危険性

話を牛乳に戻すと、牛乳には危険がたくさんあります。

・アレルギー体質

・貧血

虫垂炎

脳梗塞

・心臓病

・関節リウマチ

・がん

白血病

白内障

・糖尿病

・虫歯

・視力低下

自閉症

・便秘

抑うつ、不眠、不安

・腸壁出血

多発性硬化症。。。etc

 

挙げればキリが無い。

 

何故、牛乳は体に悪いのか?

  1. 牛乳に含まれる『タンパク質』が原因。
  2. 日本人の大半は乳糖不耐性である。
  3. 乳脂肪はアテローム硬化の原因になりがんになりやすい。
  4. 牛乳を飲むとカルシウムが減る。

 

①牛乳に含まれる『タンパク質』について

牛乳のタンパク質は異質であり、私達の体はその異質なものを

排除または分解する際に毒素が発生します。

発生した毒素は私達の免疫システムを混乱させます。

その間に腸内で発生した『ヒスタミン』という炎症を発生させる。

ヒスタミン』は体内でかゆみや腫れ炎症を起こす作用を持ちます。

その『ヒスタミン』が血液を介して全身に行き渡ることで

アレルギー体質が出来上がるのである。

 

②日本人の大半は乳糖不耐性である。

日本人の大半は乳糖に体する酵素を持ち合わせていません。

なぜなら、母乳が必要なのは乳幼児までであり

その後の生活にないのが正常なのです。

そのため、腸内で酵素が働かず下痢などの症状に見舞われます。

 

③乳脂肪はアテローム硬化の原因になりがんになりやすい。

乳脂肪の摂取量とがん発生には因果関係があります。

また、アテローム硬化の原因となるため

脳血管障害や循環器系に異常が生じやすくなります。

そして、消化が出来ない不飽和脂肪酸により腸壁が傷つき

免疫システムが破綻します。

 

④牛乳を飲むとカルシウムが減る。

 牛乳を飲み過ぎるとかえって骨粗しょう症になる(骨がスカスカ)

原因として血中のカルシウム濃度が上昇するためである。

カルシウム濃度は一定に保たれ骨のリモデリング(破壊と再生)

が行われているのである。

しかし、牛乳により、この自然の生体反応を壊してしまうのである。

そのため、体内のカルシウムが減少し精神的に不安定なるのです。

 

その他

高温殺菌処理により有益な物質はなくなっている。

・なんと、犯罪者に牛乳を与えると再犯率が高くなる。

・牛乳を辞めただけで関節リウマチが完治。

・牛乳を辞めるとニキビが綺麗に治る。

・牛乳が急性白血病の原因となる。

多発性硬化症と牛乳摂取量に因果関係が発見される。

・牛乳が乳幼児の死亡率を高める。

・牛乳を飲むと貧血を起こしやすくなる。

 

参考文献

 

広告を非表示にする