チャラ男Project~EpisodeⅣ~

楽しむために楽をしない♪

完璧な愛

この病気になり、歯がゆい経験や苦い記憶

もう思い出したくないトラウマたちがあると思います。

 

点滴の音を聞きながら

ただただ何日も

天井を見上げることしか

できなかった日々。

 

 

隔離された入院生活と

腹痛と下血と吐き気。

徐々に麻痺していく感情

 

頬を伝う涙が

まだ自分に感情が残っていることを

教えてくれた。

 

夢も希望も持てない。

いや、持ってはいけないんだ。

 

そんな日々が

私達にはあったと思います。

 

人それぞれ

 

いろいろとあると思います。

 

だけど、今ははっきりと言える。

そんなことは大したことではない。

吹けば飛んでしまうもの。

 

もっと大きななもんに気付こう。

 

涙腺崩壊注意報発令中

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする