潰瘍性大腸炎のモデル『高橋メアリージュン』

潰瘍性大腸炎高橋メアリージュン

先日、モデルやCMで話題の高橋メアリージュン(26)が

アメブロにて国が認める特定疾患

潰瘍性大腸炎」を患っていることを公表しました。

 

 

お知らせ。|高橋メアリージュンofficial blog 「MARYJUN」 Powered by Ameba

 

彼女のブログにある文章に激しく同意しました(> <)/

 常に近くにお手洗いがないと不安で、外を出歩くのも勇気がいて、ゆっくり買い物というのも難しくて、DVDを選んで借りるのも一苦労で、お手洗いに人が並んでる時なんてそれはもう絶望的で…

引用元:お知らせ。高橋メアリージュンofficial blog より引用

 

 

 潰瘍性大腸炎って本当に本当に社会生活を送ることが困難なんです。

・9割型病気に対する知識が無い人達。

・内蔵だから人から全然見えないというオチ。

・腹痛、下血、嘔吐、高熱、関節痛、etc

・下血してるから貧血➡めまい、たちくらみ、朝起きられん

・食事がおおかた制限される。食欲なくなる。

・過度な運動禁止。かと思えば運動不足禁止。

・不規則な生活禁止。

・基本的に禁酒。

・大腸が荒れるためお肌も荒れる。ニキビ、アトピーなどなど

・腸内で栄養吸収阻害➡栄養不足➡成長期になると未発達の原因

・保険に入りにくい

・仕事が得られにくい。得たとしても継続難しい。

・受験、勉強によるストレスで悪化➡集中できない

・常に炎症がおきているため交感神経優位➡イライラする。

・よく休むから仮病のように扱われる。➡むしろ頑張りたい➡へこむ

・いじめに合う確立高まる。理解ない人多いため。

・入院などで人と反りが合わなくなり孤独な時間が増える。

 

今回のことで潰瘍性大腸炎の認知度があがることを期待しています。

そして高橋さんにはこれからも頑張って欲しいと

同じ病気である一人として応援していきたいと思います。

 

 

広告を非表示にする