チャラ男Project~EpisodeⅣ~

IBDで人生が詰んだ時に読んで下さい。残念ながら助けることも救うこともできませんが、自分の人生を取り戻したいと強く願う人のために生きる知恵を置いておきました♪

潰瘍性大腸炎で体調が悪いと感じたら何も食べるな!

f:id:yuukarigaoka:20140610151626j:plain

潰瘍性大腸炎で再燃しそう・・・と感じたら

病院に行かなくなり、

薬を断薬しました。

おかげさまで

無事に仕事を続けることが出来ています。

 

 

今日は潰瘍性大腸炎が再燃しそう。やばいかも。

・・と感じた時の対処法を紹介します。

 

医療に背を向けて初めて訪れた危機

今まで、ずっと順調かと言えばそうでもなく

社会人の宿命であるよう

 

毎日、毎日、仕事に追われる日々、1日1食で

朝4時半から夜12時までノンストップ劇場。

 

目の前の患者さんに最善の医療をしたくて

そのためだけに死ぬ気で勉強する日々。

手を抜けない緊張感が常にあり

5分休めることに、

永遠の安らぎさえ感じていた。

 

そして、そんな日々が続き

付き合いでの飲み会あり

体調が悪化しました。

 

下血、皮膚症状が出て、腰に関連痛が生じ

常にダルく、一日を乗り切るのが修羅場。

 

歩く時に全身に痛み出るけど我慢我慢。

CRPは15,16なんて当たり前。

通常なら入院なんだよね。

けれど、普段から体を鍛えてるから

騙し騙し自分の体を動かす。

普通のIBDの人は入院がおすすめ。

 

そんな体で仕事をして帰れば何も出来ずに

寝るだけの生活が続いたことがありました。

 

けれども、担当の患者さんのために

休むことはどうしても出来ませんでした。

 

潰瘍性大腸炎が再燃?と感じたら迷わず断食

そんな時に使う対処方法として断食が効果的です。

通院時はステロイドが第一選択でした。

また、医学的情報に自信が無い方はステロイドをお勧めします。

 

しかし、ステロイドの使用有無に関わらず

食事は摂らない

もしくは少量を良く噛み

内蔵への負担を減らして下さい。

 

人によっては辛いことかもしれませんが

私達は3日位食べないことは割と

慣れてる人種ですからと

大丈夫だと思います。

 

潰瘍性大腸炎と断食について

 

以前、私は断食についても調べてみました。

潰瘍性大腸炎のストレスを軽減させ、幸福度を向上させる方法〜その四〜 - お萩、潰瘍性大腸炎と生きる

詳細については上記に譲ります。

 

皆様にも経験があると思いますが

私は入院時に3週間以上、絶食しました。

しかし、毎日毎日便がでる。なぜ??

そう食べたモノが内臓には

予想以上に残っているのです。

 

そして、それを消化するために

内臓が終始動いているのです。

 

つまり、食事が自分の内臓を疲弊させているのです。

 

断食が潰瘍性大腸炎の再燃防止に役立つ効果

特に下記の効果が役立っていると思います。

 

  1. 自己免疫能力の向上
  2. 内臓の自己修復力向上(*内臓を休め修復を促すため)
  3. 腸内環境が整うため
  4. サーチュイン遺伝子の活性(*細胞の修復促し活性酸素を除去)
  5. リラックス効果、精神の安定化(*ケトン体が増えα波増えるため)

 

再燃一歩手前からの回復

『おい、もう無理だろ、それ。』って状態から

約3日間の断食と十分な睡眠で寛解しました。

体重は58kg➡54kg(BMI19程度)まで落ちました。

*3年前は73kgありました。

 

そのためか体が軽く感じ

頭は冴え、研ぎすまされた感じがあります。

また五感が今まで以上に鋭く感じます。

 

断食による潰瘍性大腸炎寛解以外の変化 

五感が鋭くなると同時に

断食すると松果体(第六感を司るとかないとか?)

が鍛えられたようで

今までに無い変化を感じるようになりました。

 

自分に起きた変化として

例えば

  • 仕事での集中力が上がる。処理能力があがる。
  • 精気が体から湧いてくる。
  • 睡眠時間が短くなる。
  • 寝るとα波?がたくさんでて、体が何か温かい液に包まれた感じになる。
  • 人の表情から心情がわかるようになる。
  • 仕事上、失語の人と会うことが多いのですが、言いたいことがわかるようになる。
  • 毎日会う人の変化に敏感になる。
  • 死角でも人がいることがなんとなくわかる。
  • 物事に動じなくなる。
  • 相手の話が聞かなくても先までわかるようになる。
  • 血の匂いに敏感なためか、室内だとすれ違う女性が生理だとわかるようになる
  • 出された料理の味付けがわかるようになる。
  • 欲やエゴがくだらなく感じる。
  • 感情の浮き沈みが減る。
  • リラックスでき精神が安定する。
  • サーフィンが上手になる などなど

 

まとめ

潰瘍性大腸炎の再燃防止、体調不良対策に

小食や断食は非常に有効な手段となり得る可能性がある。

そして、それ以上の効果があると感じています。