読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潰瘍性大腸炎・クローン病で人に理解されずに苦しんでいる人のために

潰瘍性大腸炎クローン病と人間関係と孤独と個性と時々、誰かに愛を与えること

 

潰瘍性大腸炎クローン病と長年お付き合いしていると

健康では味わえない出来事に出くわすでしょう。

 

一番、感じることはなかなか人に理解されないこと。

 

私達が住む日本という閉鎖的な世の中で

人と違うこと、少数派であることは

村八分のような扱いを受ける。

それが日本人の歴史から見た民族性。

 

私も若い頃は周囲の目をとても気にして生きてきた。

大多数が目指す普通であるかのように振る舞っていた。

 

しかし、病は簡単に大多数が歩む楽な道から

私を少数派の細く暗い荒れ地に追いやる。

 

人と違うことに気付き

理解されずに苦しみ

孤独になる。

 

眠れない夜を幾日も過ごし

答えの無い人生に

生きる意味を問い続け。。

 

私は中学生の頃、真面目に大多数の道に憧れていた。

けれども、その道を歩む権利は私には与えられなかった。

 

そして、自分で自分を抱きしめるように生きていた。

f:id:yuukarigaoka:20140817151907j:plain

 

月日は十何年と流れた。

人と違うこと。

『みんな違って、みんないい(金子みすず)』

と、今は心からそう思えるようになった。

 

人と違うこと。

それは独りって意味じゃない。

個性ってことさ。

 

人と違うこと。

大多数が正解なの?大多数が幸せなの?

自分の頭で自分の価値観を考えるきっかけになった。

 

人と違うこと。

相手の価値観を理解でき

多様性を認められるようになった。

より多くの人を愛せるようになった。

 

最後に

君はひとりじゃないよ。

世界は君が思っているほど

寂しくも暗くもないんだ。

案外、あったかい場所だぜ!

 

そんでも良く

わかんないなら

俺が抱きしめてやるよ!

きつ〜くな♡

 

The Nicest Place on the Inernet

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする